MENU

ZEHについて

ZEHに取り組む上西建設

ZEH(ゼッチ)とは、もしかすると聞き慣れない言葉かもしれません。岡山でも率先して取り組んでいる企業は、まだ限られているでしょう。しかし注文住宅・リフォーム・リノベーションの「上西建設」は、省エネに効果的なZEHを取り入れた家づくりに、果敢に挑戦します。ここでは、そのZEHについてお話します。

ZEHビルダーへの取り組み

ZEHビルダーへの取り組み

ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、優れた断熱材や極めて効率的な熱活用設備と、光や水素等を使ったクリーンな発電システムを合わせて、画期的な省エネ効果を持たせた住宅のことです。

住宅とエネルギー

住宅とエネルギー

住宅などの民間施設が消費するエネルギーは、決して無視できる値ではありません。これらのエネルギーは、直接的には光熱費として家計に負担となり、間接的には温暖化の要因ともなります。

国の取り組み

2014年4月の政府の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が標榜されました。

経済産業省はこの目標達成のために、2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表することとなりました。

ZEHビルダーとしての当社

この制度は、受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標(ZEH普及目標)に努めるハウスメーカー、工務店、リフォーム業者等を補助事業執行団体において公募し、「ZEHビルダー」として登録するものです。「上西建設」では「平成28年ZEHビルダー登録」を申請し、2020年度に向けたZEH普及率目標を設定いたしました。

ZEH普及目標

当社が設定したZEH普及率目標は次の通りです。

  • 平成28年度目標 10%
  • 平成29年度目標 30%
  • 平成30年度目標 50%
  • 平成31年度目標 50%
  • 平成32年度目標 70%

目標達成のために、上西建設は努力することを誓います。

※平成28年度の実績は0%でした。

ZEHの周知・普及に向けた取り組み

お客様に、「2020年にはZEH仕様が新築住宅の過半数になる事」と、「省エネ(高断熱・高効率設備)及び、創エネ(太陽光発電システム)を標準としたZEH仕様の建築にすれば、消費エネルギーを0(ゼロ)またはマイナスの住まいを実現できること」をご説明します。

このZEH住宅に住むことは、お客様にとってメリットであることをより理解していただくため、こうした自社ホームページへの掲載、完成見学会案内時の説明、チラシ等でのお知らせに工夫し、考え方にご賛同いただけるよう努めます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

取引先との話し合いのもと、断熱サッシ、高性能断熱材、高効率設備の見直しと共に、お互いにZEHの実現のために協力します。より優れた省エネ性や発電効率の良い屋根形状も考慮したZEHに向けたモデルプランの作成を担い、コストの削減に取り組む所存です。

その他の取り組みなど

自然エネルギー(通風・採光)をできるだけ利用できるような間取りの工夫と、高齢化に伴う住まいでのヒートショックを避ける温度対策など、快適で健康に住める住宅を提供します。

Copyrighit ©http://www.ueken.co.jp/ All righit Reserved.

家づくりの事なら上西建設へ メールでのお問い合わせはコチラから

家づくり勉強会のお知らせはコチラから

top